2021.06.08

虫刺され・かぶれ・痒みを一撃する古来から伝わるビワの葉の驚くべき効能と使い方

果物のビワってみなさんよくご存知と思いますが、
今回は、ビワの「葉」の古くから民間療法とされている
ものすごい効能をご紹介します。

 

 

こういった天然由来の効能は、即効性がないと思われがちですが、
ビワの葉は使い方によって、ものすごく即効性があります。

 

その例が虫刺されやかぶれです。
その他、アトピーや肌荒れ、湿疹、水虫にも即効性があるようです。

 

私は体温が高いので、とにかく今の季節から虫刺され
がひどく、市販の虫刺され薬はその場は
一旦収まりますが、その後すぐ痒くなってきます。

 

それがビワの葉を使うと、痒みはすぐなくなります。

 

余談ですが、私が小学生の時、
ヒザにイボがポツポツできてしまい、
広がっていきました。
イボコロリを付けたのですが、無くならず。
そこで、ビワを使うといいと聞き、
近所に生えているビワをちぎりまして、
それをイボにつけていました。
1週間でイボは完全になくなりました。
最近このことを思い出しました。

 

ビワの葉茶など用途は色々ありますが、
本日は、痒みやカブれに特化します。

 

使い方としては、「ビワの葉チンキ」を作ります。
とっても簡単です。

 

ただ注意しないといけないのが、
「自然栽培されているビワの葉」であること。

私も訪問したことがある
完全自然農のびわを栽培されているひろ子さんの
ビワの葉の天日干しはオススメです。
みなみちたフルーツ
https://www.minamichita-fruit.com/

 

 

ケミカルな農薬や化学肥料が入っていないビワの葉
と、入っているビワの葉の力強さは雲泥の差です。

 

 

 

ビワの葉チンキの作り方。

材料:天日干しした自然農のビワの葉50g
40度以上のウォッカか焼酎 1リットル

1,自然栽培のビワの葉を天日干しにします。

天日干して、おてんとうさまに当てることによって
さらに、効能が凝縮されます。



2,40度以上のウォッカか焼酎につけます。

 

 

これで完成!

 

 

腐ることもありません。



だいたい2週間ぐらい漬けてから、永遠に使えます。

 

ひどいカブれや虫刺され、アトピーなどには
この漬けたビワの葉を湿布代わりに使ってみても
効果絶大です。

 

小さいお子さんの虫刺され用に携帯していても
いいかもしれません。
私はいつも携帯しています。

 

ビワの効能について、詳しく知りたい方は
WEB上でも、こちらのページがとっても
わかりやすくオススメです。
ビワの効能
https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/crudem/140528/index.html#:~:text=%E3%83%93%E3%83%AF%E3%81%AE%E8%91%89%EF%BC%88%E7%90%B5%E7%90%B6%E8%91%89,%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82