「ロハス(LOHAS)」とは?

「Lifestyle of Health and Sustainability」を略したもの。
直訳すると、
「健康的で持続可能なライフスタイル」
自然人では、
「心身の根本からの健康。
地球にも自分にも、負荷なく穏やかでやさしい暮らしをしながら、
仕事ではパフォーマンスをあげれるライフスタイル」

としています。


皆様はロハスと聞いて、どうイメージがあるでしょうか?
高級・セレブ・高価な食材・エコ・・・・
なんとなく自分の生活からかけ離れて難しいイメージがあるかもしれません。


「ロハスな暮らし」は今日からでも誰でもお金をかけることなく可能です。


そして、徐々にシフトチェンジできていくことができるでしょう。
最初から全部やることは負荷がかかりますが、
「何から始めたら?」
「健康的にキレイになれるんだったら!」
「経済的に節約ができるなら!」
「仕事でパフォーマンスがアップできるのであれば!」
ぐらいのきっかけから簡単にできます。


経済的にも精神的にもムリのない暮らしが前提です。
欧米では浸透していますが、
日本ではまだまだ浸透していません。


日本は元々、
欧米よりロハスな生活をしていた国なので、
一人一人が意識し、
本来の知識を知ることによって
あっという間にできるようになる
と思っています。
日本の歴史には、
オーガニックな生活を送っている
外国人が憧れる
たくさんロハスな暮らしの
ヒントが隠されています。
ロハスな暮らしってどんなもの?
実際には
今の日常のライフスタイルの中から
少しだけ変えていくだけで
ロハスな生活ができるようになります。


※自然由来のものでできた原料・商品
 ・天然・自然由来(食品・衣料・建物など)
  安価で購入可能な商品は沢山あります。
 ・地産地消・無添加食材・自然農のお野菜、
 ・抗生物質が投与されていない食肉、
 ・石油系のものが入っていないシャンプー・ボディーソープなど
 ・コットン・シルクなど天然由来の生地
 ・科学塗料が使われていない建材や壁紙
 ・職人さんが作る素材がきちんとした
伝統工芸品やハンドメイドの商品を意識する。


※予防医療・代替衣料
 ・免疫アップ・東洋医学・ホメオパシーなど


※セルフケア
 ・ヨガ・禅・瞑想・ウォーキングなど


※環境に配慮したライフスタイル
 ・ナチュラルな材質でできた住宅、
 ・ケミカルな肥料を使わない家庭菜園、
 ・界面活性剤なものが含まれていない洗剤を排水に流す、
 ・脱プラスチックなど


※持続可能な経済
 ・循環経済、再生可能エネルギー(天ぷら油のリサイクルなど)
 ・食品残渣の肥料化、残ったビュッフェをお弁当化、フリーマーケットなど



自然なものを取り入れた生活は
どれだけ私達を豊かに幸せにしてくれるか・・・

体の中から湧き出るエネルギーと日々の充実感
「幸せ」は「なる」ものではなく「感じる」もの。
自分らしく生きる生き方に
本心から気づきやすくなり、
もう恩恵を数えたらキリがありません。




仕事を充実させたいなら、
基本は体のメンテナンス。
体力も重要ですが、
メンタル的にたくましくなれることが
仕事でも家庭でも重要。
困難にぶつかったときも、
グッと乗り越えることのできる
精神力を与えてくれます。
その手助けをしてくれるものが自然の恵み。

私達人間は自然から生まれています。
どれだけ科学や医学が進歩しても、
自然のエネルギーを取り入れることが
一番身体も心も元気になることは周知の通りです。


植物が芽を出して空を目指してぐんぐん葉が伸びていくように、
私達も
自然のエネルギーに満たされて各々がぐんぐんパフォーマンスを発揮できるようになる

そんな生き方を目指して
自然人にはそんな思いが込められています。